top of page

Tesup製品の進化

TESUP

2022年9月27日

改善がカギ!

Tesup は、テクノロジーの進化に合わせて常に前進します。 2017 年のエンジニアがより良い製品を探して以来、製品とそれ自体を最新の状態に保ちます。


風力タービンのプロセスの進化を見ることができます。



参加してくれてありがとう!


Atlas Wind Turbines Series は、2018 年に Atlas 2.0 で旅を始めました。


2019 年には Atlas 2.0 が前者に続きました。


そして相対的に、2020 年には Atlas 2.0、2021 年には Atlas 4.0、2022 年には Atlas 4.0 です。


2020 年に AtlasX Version.1 が Tesup の Web サイトに登場しました。 AtlasX Version.2 は、同じ年に Version.1 に続きました。


AtlasX 2021 Version.1 は Web サイトで行われました。ついに2022年Tesupの最新モデルがAtlasX Version.2になりました。


低振動、低騒音の垂直軸風力発電機とそのコンパクトな形状を備えた AtlasX 2022 は、最近更新されたモデルです。


Magnum5 Wind Turbines シリーズは Magnum5 2021 から始まり、次は Magnum5 2022 です。Magnum5 2022 は、紫色のブレードに関して Magnum5 2021 とは異なります。研究開発部門は、より優れた、より環境に優しい製品を常に求めています。


Magnum5 の最新バージョンは、開始時の風速が最も低く、より多くの電力を生成します。


Master X は、他の Tesup 風力タービンと同じ方法で開発されました。 MasterX 2021 が最初に製造され、MasterX 2022 Version.1 と MasterX Version.2 が最初に製造されました。 MasterX Version.2 では、ブレードに紫色が追加されました。


Master X の最新バージョンには、耐久性があり、安定性が高く、非常に軽量なローター ブレードが搭載されています。


Tesup は、市場標準を超えるダブルベアリングを備えたすべての製品に、常に革新的な技術を備えています。

今日は59,000円割引

bottom of page