充電コントローラーは必要ですか?

風力タービンのセットアップは、電力のセットアップに必要または必要となる可能性のあるさまざまなコンポーネントがすべて含まれているため、少し複雑に見える場合があります。 TESUPは、いくつかのコンポーネントについてもう少し背景を説明すると便利だと考えました。

まず、充電コントローラーとは何ですか?必要ですか?そして、どこで入手できますか?


充電コントローラーは、風力タービンとバッテリーベースの電力貯蔵システムの間のシステムに接続されている電気機器です。バッテリーの電圧レベルを常に監視し、危険なレベルを超えないようにします。電圧が高くなりすぎると、充電コントローラーは電気を「ダンプ」コンポーネント(発熱体など)に送ることによって余分な電気を放散します。これにより、風力タービンでバッテリーを充電するときにバッテリーが損傷しないようにします。


風力タービンでバッテリーを充電する場合は、充電コントローラーが必要になります。バッテリーは、電気グリッドに依存せずに後で使用するためにエネルギーを蓄えることができるため、オフグリッドシステムで特に一般的です。


風力タービンの購入時に充電コントローラーを注文に追加することで、簡単に充電コントローラーを購入できます。風力タービンをバスケットに追加する前に、充電コントローラーのチェックボックスをオンにするだけで、適切な充電コントローラーが注文に追加されます。選択する電圧は、バッテリーシステムを最高にする最大電圧によって異なります。






#electricalcomponents #off-grid #renewableenergy #chargecontroller #windturbine #windpower #energy #electricalpower #wind #betterfuture #betterenvironment #batterystorage #off-gridsystem #powermanagement #safetyequipment

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示