top of page
検索

循環型経済におけるケミカルリサイクル循環型経済におけるケミカルリサイクル

人のゴミは人の宝」という言葉がありますね。プラスチック廃棄物に関しては、特にそうです。ゴミを埋め立てたり、海を汚したりするのではなく、ケミカルリサイクルでゴミを宝に変えることができるのです。


*プラスチックから作られたリサイクル♻️ 卓球台。


では、ケミカルリサイクルとは一体何なのでしょうか?それは、プラスチック廃棄物を構成要素に分解し、その構成要素を使って新しい材料を作るプロセスです。レゴセットを分解し、その破片を使って新しい作品を作るようなものです。


ケミカルリサイクルには、従来のリサイクル方法にはない大きな利点があります。ひとつは、混合プラスチックや汚染プラスチックなど、より幅広いプラスチック廃棄物に対応できることです。


また、ケミカルリサイクルは、メカニカルリサイクルよりも高品質な原料を生産することができます。つまり、再生プラスチックから、耐久性のある衣類や頑丈な建材など、より高品質な製品を作ることができるのです。


さらに、エネルギーを大量に消費するプラスチックの溶融や改質を必要としないため、従来のリサイクル方法よりも効率的です。


このような利点がある一方で、温度、圧力、化学反応を注意深く制御する必要がある複雑なプロセスです。さらに、従来のリサイクル方法よりも高価になることもあります。しかし、技術が発達するにつれて、コストは下がっていくと予想されます。



では、肝心なことは何でしょう?ケミカルリサイクルは、灰から蘇る不死鳥のように、プラスチック廃棄物を価値あるものに変える有望な方法です。課題がないわけではありませんが、プラスチックの循環型経済を実現するための重要なツールなのです。だから、みんなでケミカルリサイクルに再生プラスチックガラスを上げましょう!



今日は59,000円割引

bottom of page