風力タービン技術者からのヒント


風力タービンが正しく設置および保守されていることを確認するのは難しい場合があります。これにより、風力タービンが長寿命で電力を供給できるようになります。今日は、タービンが今後何年にもわたって楽しく回転するようにするためのヒントをいくつか提案します。


タービンの取り付け:

タービンを適切に適切な機器で固定することが非常に重要です。タービンを不適切に固定すると、タービンまたは資産に損傷を与える可能性があります。タービンベースを丈夫な材料に取り付けて、タービンを正しく固定します(たとえば、タービンをコンクリート構造物にボルトで固定する方が、薄っぺらな木製の構造物にボルトで固定するよりもはるかに安全です)。

TESUPは、風力タービンを直接取り付けるための取り付けポールを提供できます。これは、キャラバンなどの平らな地面または平らな屋根の構造物に適しています。タービンを取り付けポールに取り付けると、タービンの風速が上がり、より多くの電力を生成できるようになります。タービンを傾斜した屋根に取り付けたい場合は、適切なハードウェアが屋根の形状によって異なる可能性があるため、屋根に応じてカスタムソリューションをお勧めします。タービンの配置や固定について不明な点がある場合、TESUPはコンサルティングサービスを提供するだけでなく、風力タービンの配置の可能性を示すために物件の写真を編集します。これらのサービスは、以下のリンクをたどることで見つけることができます。


https://www.tesup.com/wind-and-solar-energy-lectures-tesup-university


組み立て:

TESUPタービンは、納品時に部分的に組み立てられているため、ある程度の組み立てが必要です。タービンを組み立てるときは、すべての接続が適切に締められていることを確認してください(ただし、タービンの構造にストレスがかかる可能性があるため、締めすぎないようにしてください)。経験則として、留め具を締めることができなくなるまで完全に締めてから、ボルトを後ろに半回転緩めます。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示