EUでのグリーンウォッシング! 原子力と天然ガスが再生可能エネルギーの資金をどのように受け取ることができるか

新しいEU法案の提案を担当する欧州委員会は、汚染されたエネルギー発生源を「グリーン」とラベル付けする計画を発表しました。 これらの計画が進めば、天然ガスや原子力からのエネルギー生成は「グリーン」なエネルギー源として定義され、風力や太陽光発電などの真にクリーンなエネルギー源にも同じ定義が適用されます。


この定義はEU全体のプロジェクトに資金を割り当てるために使用されるため、これは重要です。 これらの再生不可能な資源を「グリーン」とラベル付けすることにより、EU全体でのクリーンエネルギー源の開発に割り当てられた資金を利用できるようになります。


これらの物議を醸す計画は、リリースのタイミングによってさらに嫌われました。 計画は締め切りの数時間前に提出され、一部の人は夜と煙の操作と呼んでいます。 これらの計画は、EUに持続可能なエネルギーを導入するという目的に反するとリーダーから広く認められており、TESUPも同意しています。


フランスやチェコ共和国などの一部の国は、各国が原子力エネルギーに大きく依存していることに基づいて計画を支持しています。


TESUPは、これらの新たに計画された定義が再生可能エネルギーのケースを弱め、EUのネット中立性発電システムへの進展を遅らせると考える一部の政治家に同意します。 TESUPは、これらの新しい提案が近い将来取り消されることを望んでいます。



閲覧数:7回0件のコメント