TESUPAtlas2.0アップグレードされた風力タービン.

2KWh垂直軸風力タービン



Atlas2.0には、最初は抵抗(トルク)を発生させる新しいギア⚙️メカニズムがボディ内にあります。このため、発電を開始するために必要な風速は7m / sです。それにもかかわらず、ATLAS2.0は、回転を開始すると停止することなく、3〜4 m / sでも発電します。

この風力タービンは、出力効率を⚡3.7倍に高める新しいエンジンを搭載しています。

Atlas2.0に加えて、改良されたスチールブレードがあります。広くて丈夫なブレードが風の流れのあらゆる方向を捉えます。



ヒント⬇️



ボーナスのヒント


-インストールビデオとユーザーマニュアルは、TESUPWebサイトとTESUPのすべてのWebチャネルで入手できます。

-並列接続されたタービン間の距離を選択するための主な原則は、すべてのユニットの良好な風向をキャッチすることです

-風力タービンごとに、グリッド接続またはバッテリー接続のいずれかである個別の風力充電コントローラーが必要です

-スペアパーツが利用可能です


#tesup #electronics #再生可能エネルギー #グリーンエナジー #代替エネルギー #風力エネルギー #風力 #風力タービン #クリーンエネルギー #クリーンな環境 #アフリカでの灌漑 #ウォーターポンピング

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示